2019.4.1  第五話 悪霊退散な大ドンデン返し   

WDの6GBもダメということになると、Seagate8GBのロット不良でもなく、8GBの壁でもない。何故ってWDの6GBは既に2台使ってるんですから。つまり4年前にはこのPCでちゃんと初期化している。いったいそのときと違うのは何処? 容疑者が浮かび上がってきました。

あの黒魔術女子大生かって? いやあの子は容疑者ではなくて黒幕。その主犯の黒魔術に操られて直接HDDを壊している共犯者が我が家のマシン室に隠れているのではないかと。

これまで問題のHDDをフォーマットするのにSalcar USB3.0 2.5/3.5型 SATA HDD/SSDスタンド を使っていたんです。これは4年前には無かったような。

そこで第四話で初期化に失敗したWD Blueの 内蔵HDD 6TBをPC本体に取り付けてdiskpartでやってみました。すると・・・

あっと云う間に完了。容疑はかたまりました。

「ディスクの管理」から見ても異常無し。

もしや8TBや壊した6TBも救えるのではないか。しかしHDDケースが犯人だとすると、昔からの5ベイのHDDケースは大丈夫だろうかとセットしてみたら・・・、

な、なにー!

いや、ちゃんと壊れたHDDを入れたはず。(;^_^A アセアセ
ん? 7452GBって8TBのHDDじゃないか! 壊れてない? 壊したと思った6TBも!
信じられないと、エラーチェックを。



まだ信じられなくて「詳細の表示」を。


間違い無い! 壊れてはいない。6TBの方も!

犯人はお前か!

でも製品説明には「【1台2役】パソコンと接続時はSATA HDD/SSDケースとして機能、同時2基(最大8TB*2まで)を認識可能。」って書いてあるんですけどねぇ。製品全部でなくてこれだけ不良品?それとも黒魔術のせい?

しかし魔矢香の黒魔術は習いたての付け焼き刃。上っ面のシステム表示をすり替えるだけで、未だHDDを本当に壊すまでの能力までは無かったようです。
この枕元の魔除けが効いた?

それとも、かつてインターネット界で、悪の秘密組織な国際ハッカー集団から善良な市民・社員を守ってきた正義の味方な私の善行を佳しとして、神仏が守ってくれたのでありましょうか?
うん、そうだ!そうに違いなし。正義は勝つ! 悪は滅びる!!

あっ、そうそう、この実話をノンフィクションノベルとして出版するときの為にあの黒魔術の子魔矢香って名前を付けたんです。だって本名を出す訳にはいかないでしょ。知らないし。
黒魔術で魔の矢を放つから魔矢。でも最後に敗退するから「魔矢か?」ってのと、うちの娘に悪ノリさがそっくりなので一字貰ってというコラボに御座います。まあ娘というより孫ぐらいな歳ですが。
クイン・ベリルの方が良いかなぁ? でもクイン・ベリルって、憎悪を剥き出しにしないときは結構美人なんですよね。う〜ん・・・。まぁ、少しおまけしてあげてそっちにしよう♪

こうして魔矢香改めクイン・ベリルセーラームーンのときのように破れ去ったのでありました♪ あ〜、良かった〜。ハッピーエンドで終わって。(*^_^*)

セーラームーンの妖魔の親玉の名は今調べたんですが、ちょっと懐かしい。TVアニメ版最終話のビデオを元嫁のアパートで見ていたとき、娘と元嫁が手を握りしめて涙を流しながら「うさぎ、負けるな!頑張れ!」と。小学校に上がるか上がらないかの娘は良いとして元嫁まで。
そうそう、娘が3歳の頃「パパは妖魔ね♪」と云ってたので「妖魔」ってのは悪の秘密組織の親玉かと思っていたら、下っ端だったのね。がっくり。でも肩車しているときは娘はちびうさで、私は「まもちゃん」。つまりセーラームーン守るタキシード仮面 でした。 

ハッ! それがクイン・ベリルに付け狙われた原因なのでありましょうか?
つまりこの一連の騒動は、私が「弓道なんて似合わね〜!」と云ったからなどと云う「口は災いの元」話ではなく、 彼女の前世からの逆恨み によるものだと

クイン・ベリルがうさぎ達との最終戦で銀水晶に封印される直前に放ったダークエナジーの破片がまだお母さんのお腹の中にいたあの子に取り憑いたと。TVアニメ版最終話の放映日は? 1993年2月27日か、歳が合わないな〜、そうだ、数年間時空を彷徨っていたことにしよう。それから20年の時を経て、バイト先でタキシードをミニタリーベレーに変えてはいたが、やはり黒ずくめな私を発見。

お前のせいでダークキングダムは!(怒)

黒魔術魔の矢を放つも、「正義の味方」仲間の安部清明くんや、トンガラシの魔除け、更に福生にバカンスに来ていた神仏の御加護で危機を脱したと。おお、壮大なコンピュータサイエンス・ノンフィクション・因果応報・オカルト・ファンタジーに仕上がったぞ♪ ハリーポッターを超えるミリオンセラー間違いなし!

えっ? 「印税の分け前をよこせ」って? 
そんなもんこの足かけ三ヶ月の精神的苦痛の慰謝料でちゃらじゃい!!

しかしそうなると、ディスク配置と作業手順のパート図をまた作り直さなきゃなんないじゃないか。

あれ? 6TBのHDDが2つ余ってしまう。
それも一つは未開封のまま。何てことだ! 
買うこと無かったんじゃないか!弁償しろ!(怒)

いや、そのお店はそんな店員さんばかりでは決してないんです。
原稿と苦闘しているときに「頑張ってくださいね♪」と声をかけてくれる天使の様な店員さんも♪ でも「お次の方、お決まりでたら」というので「決まってます」と云うと「アメリカン?」ちがわい!「にひひひひ・・・」なんて店員さんもいるけど。

4/8 後日談なサイドストーリー

今日行ったら古株なお兄さん古株なお姉さんがカウンターの中に居ました。古株なお兄さんは私はいつもブレンドしか飲まないので、注文する前からブレンドを入れだすということを始めた人です。それが一時は殆どの店員さんに広まって。でもスタンプカードが貯まったときには高い本日のコーヒーを頼んだので廃れたのですが、最近また始めた店員さんが一人。がそれは今は置いておいて・・・

その古株なお兄さんが「ブレンド? それとも本日のコーヒー?」と云うと、古株なお姉さんが「アメリカンだよね。にひひひひ♪」と言い残して洗い場の方へ。
で「本日のコーヒー」を見たら「blend」と。 えっ、これってブレンドって書いてあるんだよねぇ、でも70円高い。何だか解らないから「これ!」と「本日のコーヒー」を指さしたら、古株なお姉さんが目をまん丸にしてこっちを見ているではないですか。
何だよ、だってこれ blend でしょう。いつもと変わんないじゃない!」と云ったのに、
帰ってきた言葉は「あたしはもう、人間が信じられなくなった!」と。

そこまで云うか!