2022.05.25-26  鉄鍋ガーデンテラスの雨風対策    

25日 

ガーデンパラソルが届いたので設置しました。これがあればランタン柱は要らないと撤去。
でも一番安いやつだからりビーチパラソルみたい。(ーー;)  いや、贅沢は敵だ!

鉄鍋ガーデンテラス_01.jpg

そして試運転。白菜鍋の2回目です。
名前が無かったので白菜鍋と言うことに。白菜ベーコン鍋じゃ長ったらしいので。

鉄鍋ガーデンテラス_02.jpg

今回はざく切りにしてから重ねました。
昔から切らずに重ねてたんだけど、この方が鍋から取りやすい。

鉄鍋ガーデンテラス_03.jpg

なんて最中にアマゾンから荷物が。
レンジガード ステンレス 3面タイプ。我が家では防風対策パネルです。 

鉄鍋ガーデンテラス_04.jpg

前のステンレスウィンドスクリーンよりちょっと背も高く重く自立して、これで風があっても弱火OKです。殆ど見えませんがこれでも火は付いてるんですよ。

鉄鍋ガーデンテラス_05.jpg

翌日26日 

厨房作業にパラソルの柱が邪魔だったので位置を変えました。 

鉄鍋ガーデンテラス_01.jpg

風防も完璧♪ 二つとも使うと周囲をクルッと囲めます。 

鉄鍋ガーデンテラス_02.jpg

道行く人から炎が見えないように出来る。 

鉄鍋ガーデンテラス_03.jpg

今日の試作品は無水鍋経由のポトフ
豚のスペアリブと人参ジャガイモなどを500円スキレットで下焼きして暖めておいた鍋に投入し、キャベツとセロリは焼かずにそのまま投入。タイムとローズマリーも摘んできて投入。あっ、ローリエを忘れた。まあ良いか。 あくまで弱火で無水鍋状態に。 

鉄鍋ガーデンテラス_04.jpg

その頃お父さんと一緒に通りがかったお嬢ちゃんが「アジサイだ!」。
お父さんも「綺麗だね〜」と言いながら二人が通り過ぎて行きました。嬉しい♪ 

鉄鍋ガーデンテラス_05.jpg

そこそこ風は有ったのですが(風速2〜3m/s)弱火は一度も消えることなく、風防対策は完璧♪
これでも小さな火が付いてます。

鉄鍋ガーデンテラス_06.jpg

そうそう、終わったビオラは別の花に植え替えました。これでガーデンテラスのガーデンもなんとか維持。後は地面の石やらコンクリと破片をなんとかせねば。フキフキ "A^^;

鉄鍋ガーデンテラス_07.jpg

ところで鍋の方は、無水鍋状態で約30分。 
何で無水鍋からはじめたのかと言うと、無水鍋も20年近くやってないので感覚を取り戻すため。

鉄鍋ガーデンテラス_08.jpg

スペアリブをひとつ試食。クレージーソルトでシースニングしただけなんだけど良い感じ。
でもたまたま取ったこの一個はハズレ! 殆ど骨だった。まあ味見だからそれでも良いのだけど、でもちょっとガッカリ。 ジャガイモも柔らかかった。

鉄鍋ガーデンテラス_09.jpg

家の中からお湯を持ってきて投入し、
そこから30分弱火でポトフに。思い出しましたよ。ダッチオーブン料理は基本弱火なんです。

鉄鍋ガーデンテラス_10.jpg

で、実食。
今回の味付けはあえてクレージーソルトだけでやってみたんですが。それでも出来るけど、少しはコンソメも入れた方が良かったかもしれない。 
ローズマリーやタイムにセロリはブーケガルニにして投入すれば良かった。
食べてる最中に「ん?何?」と思ったらローズマリーやタイムの茎だったり、セロリの筋がうざかったり、前にはローリエの若葉を食べちゃって後で気づいたことも。(^0^;)
今回スペアリブを使ったのは今まで使ったことが無かったから。スペアリブと云うとローリーが御成町商店街のお祭りで焼いていたあの長いタイプのイメージが強くて。

黒いアイマスクをしているのがローリー・イネステイラ、カッコイイでしょ。
俺と並ぶぐらい。(,_’☆\
ローリーは濃い〜アウトドア系ではけっこう有名人。カナダの探検家の息子で、シーカヤックで日本一周とかしてます。鎌倉に住んでいることは知っていたんだけど、あるとき週末の親子三人の夕食中に娘が「クリスの苗字はイネステイラって云うんだよ〜」と。私はビックリ仰天! 「クリスのパパはローリーって名前じゃない?」、娘は「知らない」と、
片目で黒い眼帯してる?」、元嫁が「してる!」、は「クック船長って呼んでる♪」と。
ガーンですよ。子供同士が小学校のクラスメイトだった。(;^_^A アセアセ
でも何でクック船長? キャプテン・クック海賊じゃないけど。リスのパパだから?
次の週末にアウトドア雑誌にローリーが書いた記事を見せたら元嫁が超真剣な表情で読んだ後に 「凄い、あなたと違って本物のアウトドアだ!」と。俺は偽物かい!(怒)。
ローリーや野田知佑さんには負けるけど、私だって娘に、「何でそんな所行くのよ!死んだらどうするのよ!」と真顔で怒られるぐらいにはアドベンチャだと言うのに! 

野田知佑さんは最近亡くなったみたい。ローリーも亡くなっていたし。次は俺か

もやい工芸の奥様談「貴方が簡単に死ぬ訳ないでしょ。なんとかは世にはびこるって云うし」
俺は憎まれっ子かい!(`ヘ´) プンプン。

無水鍋状態のスペアリブは正にローリーのスペアリブの感じで必死に囓らなければ肉が取れなかったんですがポトフ状態のスペアリブは簡単に骨と肉が分離する。最高♪ 当店の看板料理にしましょうか!

鉄鍋ガーデンテラス_11.jpg

でも主婦の皆さんから見ると突っ込み処満載です。ジャガイモも人参も皮は剥かないし水に晒さないし、煮たってからも灰汁を取らない。だってベースが野外焚火料理だから見えないんだもん。それで汁は濁って透明感無し。
やっぱりご招待客に女性が居る場合には白菜鍋の方が良いかな? あれなら自分の料理と比較されることは無いし、ポトフよりは早く出来る。あとはローズマリー風味のフライドポテトで誤魔化して。ビールのおつまみには最高ですよ♪