要約版・参考文献 

参考文献

  1. むしゃのこうじ2002: むしゃのこうじ・みのる、『襖(ふすま)』、(ものと人間の文化史)法政大学出版局、2002
  2. 伊藤一美1999: 伊藤一美、『建治三年記注解』、文献出版、1999
  3. 稲垣栄三2007: 稲垣栄三著作集3、『住宅・都市史研究』、中央公論美術出版、2007
  4. 永原慶二1998: 永原慶二、『荘園』、(日本歴史叢書) 吉川弘文館、1998
  5. 角田文衞1963: 角田文衞、『承香殿の女御--復原された源氏物語の世界』、中公新書、1963
  6. 関根正直1925: 関根正直、『増補宮殿調度図解』、六合館、1925
  7. 関野克1942: 関野克、『日本住宅小史』、相模書房、1942
  8. 吉田早苗1977: 吉田早苗 「小野宮第」(初出1977)、『平安京の邸第』、望稜叢書、1987
  9. 橋本義彦1987: 橋本義彦 「里内裏」、『平安京の邸第』、望稜叢書、1987
  10. 近藤豊1973: 近藤豊、『古建築の細部意匠』、大河出版、1973
  11. 原田多加司2003: 原田多加司、『屋根―桧皮葺と柿葺』、(ものと人間の文化史)法政大学出版局、2003
  12. 原田多加司2004: 原田多加司、『屋根の日本史』、中央公論新社(中公新書)、2004
  13. 後藤治2003: 後藤治、『日本建築史』、(建築学の基礎6) 共立出版、2003
  14. 江馬務1944: 江馬務、『日本住宅調度史』、大東出版社、1944
  15. 中村雄三1973: 中村雄三 「鉋の起源と変遷について」 、『建築もののはじめ考』、新建築社、1973
  16. 迎井夏樹1973: 迎井夏樹 「障子」、『建築もののはじめ考』、新建築社、1973
  17. 高橋康夫1985: 高橋康夫、『物語・ものの建築史-建具のはなし』、鹿島出版会、1985
  18. 高橋康夫1985: 高橋康夫 「町屋」、『絵巻物の建築を読む』、東京大学出版会、1996
  19. 高群逸枝1953: 高群逸枝、『招婿婚の研究』、講談社、1953
  20. 佐藤進一1983: 佐藤進一、『日本の中世国家』、岩波書店、1983
  21. 坂本省三1972: 坂本省三、『日本王朝国家体制論』、東京大学出版会、1972
  22. 桜井清2002: 桜井清、『室町時代の一皇族の生涯−「看聞日記」の世界』、講談社学術文庫、2002
  23. 小泉和子1979: 小泉和子、『家具と室内意匠の文化史』、法政大学出版局、1979
  24. 小泉和子2005: 小泉和子、『室内と家具の歴史』、中央公論新社、2005
  25. 小泉和子2015: 小泉和子編、『図説日本インテリアの歴史』、河出書房新社、2015
  26. 小沢朝江2006: 小沢朝江・水沼淑子、『日本住居史』、吉川弘文館、2006
  27. 上島享2006: 上島享 「大規模造営の時代」、『中世的空間と儀礼』、(シリーズ都市・建築・歴史第3巻)東京大学出版会、2006
  28. 上野勝久2003: 上野勝久「鎌倉佐々目遺身院の指図について・永仁元年胤助伝法灌頂記の検討」、『金沢文庫研究』、通巻・第293号 金沢文庫、2003
  29. 神戸航介2016: 神戸航介 「熟国・亡国概念と摂関期の地方支配」、『日本研究』、No.52 国際日本文化研究センター、2016
  30. 石毛直道1971: 石毛直道、『住居空間の人類学』、(SP選書5) 鹿島出版会、1971
  31. 川上貢1967: 川上貢(初出1967)、『新訂・日本中世住宅の研究』、中央公論美術出版、2002
  32. 川上貢1973: 川上貢 「紙障子と板戸」、『建築もののはじめ考』、新建築社、1973
  33. 川本重雄1982: 川本重雄 「寝殿造の典型散とその成立をめぐって・上」(後『寝殿造の空間と儀式』再録)、『日本建築学会論文報告集』、第323号 日本建築学会、1983
  34. 川本重雄1984: 川本重雄、「対屋の規模からみた寝殿造の変遷について"に対する討論」(後『寝殿造の空間と儀式』再録)、『日本建築学会論文報告集』、346号 日本建築学会、1984
  35. 川本重雄1983: 川本重雄 「寝殿造の典型散とその成 立をめぐって・下」(後『寝殿造の空間と儀式』再録)、『日本建築学会論文報告集』、第316号 日本建築学会、1983
  36. 川本重雄1987: 川本重雄 「寝殿造の歴史像」、『古代文化-特集/寝殿造研究の現状と課題』、(第39巻11号) 古代学協会、1987
  37. 川本重雄1988: 川本重雄 「対屋考」(後『寝殿造の空間と儀式』再録)、『日本建築学会論文報告集』、第384号 日本建築学会、1988
  38. 川本重雄1998: 川本重雄・小泉和子編、 『類聚雑要抄指図巻』、中央公論美術出版、1998
  39. 川本重雄2005: 川本重雄 「寝殿造と書院造」、『古代社会の崩壊』、シリーズ都市・建築・歴史第2巻 東京大学出版会、2005
  40. 川本重雄2012: 川本重雄(初出2005)、『寝殿造の空間と儀式』、中央公論美術出版、2012
  41. 足立康1941: 足立康(旧名『日本建築史』1941)、『改訂・日本の建築』、創元社、1978
  42. 太田静六1942: 太田静六「東三条殿」(初出1942)、『平安京の邸第』、 望稜叢書、1987
  43. 太田静六1944: 太田静六、『日本の古建築』、宝雲舎、1944
  44. 太田静六1987: 太田静六、『寝殿造の研究』、吉川弘文館、1987
  45. 太田博太郎1947: 太田博太郎 「日本建築史序説・初版」(初出1947)、『日本建築史論集1-日本建築の特質』、岩波書店、1983
  46. 太田博太郎1948: 太田博太郎、『図説日本住宅史』、彰国社、1948
  47. 太田博太郎1962: 太田博太郎 「藤原貴族の住生活」(初出1962)、『日本建築史論集1-日本建築の特質』、岩波書店、1983
  48. 太田博太郎1965: 太田博太郎 「平安京」(初出1965)、『日本建築史論集1-日本建築の特質』、岩波書店、1983
  49. 太田博太郎1972: 太田博太郎 「書院造」(初出1972)、『日本建築史論集2-日本住宅史の研究』、岩波書店、1984
  50. 太田博太郎1976: 太田博太郎 「日本住宅史」、『建築学大系28』、改訂増補(新訂再版)彰国社、1976
  51. 太田博太郎1989: 太田博太郎、『日本建築史序説』、(増補第二版) 彰国社、1989
  52. 太田博太郎編1999: 太田博太郎編、『カラー版日本建築様式史』、美術出版社、1999
  53. 田辺泰1929: 田辺泰 「日本住宅史」(初出1929)、『日本風俗史講座6巻』、雄山閣出版、1929
  54. 田辺泰1935: 田辺泰、『日本住宅史』、雄山閣出版、1935
  55. 藤田勝也1999: 藤田勝也・古賀秀策編、『日本建築史』、昭和堂、1999
  56. 藤田勝也2003: 藤田勝也、『日本古代中世住宅史論』、中央公論美術出版、2003
  57. 藤田勝也2005: 藤田勝也 「平安京の変容と寝殿造・町屋の成立」、『古代社会の崩壊』、(シリーズ都市・建築・歴史 第2巻)東京大学出版会、2005
  58. 藤田勝也2007: 藤田勝也 「寝殿造と斎王邸跡」、『平安京の住まい』、京都大学学術出版会、2007
  59. 藤田勝也2012: 藤田勝也 「寝殿造とはなにか」、『平安京と貴族の住まい』、京都大学学術出版会、2012
  60. 藤田盟児1990: 藤田盟児 「藤原定家一条京極邸の建築配置について」、『日本建築学会学術講演梗概集1990』、日本建築学会、1990
  61. 藤田盟児2006: 藤田盟児 「主殿の成立過程とその意義」、『中世的空間と儀礼』、(シリーズ都市・建築・歴史 第3巻) 東京大学出版会、2006
  62. 飯淵康一1985: 飯淵康一 「貴族住宅構成要素の発生」(初出1985)、『続・平安時代貴族住宅の研究』、中央公論美術出版、2010
  63. 飯淵康一1987: 飯淵康一 「寝殿造の変遷及びその要因について」、『古代文化-特集/寝殿造研究の現状と課題』、(第39巻11号)古代学協会、1987
  64. 飯淵康一2004: 飯淵康一、『平安時代貴族住宅の研究』、中央公論美術出版、2004
  65. 飯淵康一2010: 飯淵康一、『続・平安時代貴族住宅の研究』、中央公論美術出版、2010
  66. 福山敏男1984: 福山敏男著作集5、『住宅建築の研究』、中央公論美術出版、1984
  67. 平井聖1974: 平井聖、『日本住宅の歴史』、日本放送出版協会、1974
  68. 堀口捨己1943: 堀口捨己(初出1943)、『書院造りと数寄屋造りの研究』、鹿島出版会、1978
  69. 西和夫1990: 西 和夫、『図解 古建築入門―日本建築はどう造られているか』、彰国社、1990
  70. 鈴木亘1977: 鈴木亘 「平安宮仁寿殿の建築についてその1:平安時代中期および後期の仁寿殿」、『日本建築学会論文報告集』、No.257 日本建築学会、1977
  71. 加藤悠希2009: 加藤悠希 「『家屋雑考』 の流布と 「寝殿造」 の定着過程」 、日本建築学会計画系論文集、74巻646号、2009
  72. 建築学大系1978: 建築学大系編集委員会、『建築学大系4―1・日本建築史』、改訂増補(新訂再版)彰国社;、1978
  73. 新建築学大系1999: 新建築学大系編集委員会、『新建築学大系2・日本建築史』、彰国社;、1999
  74. 建築大辞典1993: 金春国雄、『建築大辞典』、彰国社、1993
  75. 鳥羽離宮跡1984: 京都市埋蔵文化財研究所、『増補改編鳥羽離宮跡1984』、(財)京都市埋蔵文化財研究所、1984
  76. 日本史広辞典: 日本史広辞典編集委員会、『日本史広辞典』、山川出版社、1997
  77. 建築史図集(日本編)1964: 福山敏男・川上貢編著、『建築史図集(日本編)』、学芸出版、1964
  78. 日本建築史図集2011: 日本建築学会編、『日本建築史図集』、(新訂第三版)彰国社、2011

  1. 類聚雑要抄: 群書類従「類聚雑要抄」、『群書類従26』、続群書類従完成会、1929
  2. 続群書類従26上: 続群書類従(釈家部)、『続群書類従 第26輯上』、続群書類従完成会、1982
  3. 中右記: 史料大成、『中右記』、内外書籍、1935
  4. 山槐記: 史料大成19、『山槐記』、内外書籍、1935
  5. 左経記: 増補史料大成6、『左経記』、臨川書店、1965
  6. 兵範記: 史料通覧、『兵範記』、日本史籍保存会、1915
  7. 公衡公記・三: 史料纂集・古記録編41、『公衡公記三』、続群書類従完成会、1974
  8. 勘仲記: 史料纂集 古記録編 149、『勘仲記』、八木書店、2008
  9. 看聞御記・上: 続群書類従・補遺3訂正3版、『看聞御記・上』、続群書類従完成会、1958
  10. 満済准后日記: 続群書類従 補遺1訂正3版、『満済准后日記』、続群書類従完成会、1981
  11. 椿葉記: 宮内庁書陵部編、『椿葉記』、本体は巻物(ページ数は翻刻冊子) 吉川弘文館、1980、
  12. 吾妻鏡: 新訂増補国史大系、『吾妻鏡(普及版)』、吉川弘文館、1983
  13. 宇津保物語: 日本古典文学大系10、『宇津保物語』、岩波書店、1959
  14. 大鏡: 日本古典文学大系21、『大鏡』、岩波書店、1965
  15. 栄花物語・上: 日本古典文学大系75、『栄花物語・上』、岩波書店、1959
  16. 栄花物語・下: 日本古典文学大系76、『栄花物語・下』、岩波書店、1960
  17. 古今聴聞集: 日本古典文学大系84、『古今聴聞集』、岩波書店、1966
  18. 更級日記: 新潮日本古典集成、『更級日記』、新潮社、1980
  19. 君台観左右帳記: 日本思想大系23、『古代中世芸術論』、岩波書店、1973
  20. 春日権現験記絵(集成): 日本絵巻物集成,5、『春日権現験記絵上』、雄山閣、1943
  21. 松崎天神縁起(集成): 日本絵巻物集成,7、『松崎天神縁起・信貴山縁起』、雄山閣、1935
  22. 西行物語絵巻(集成): 日本絵巻物集成,11、『華厳縁起・西行物語絵巻』、雄山閣、1931
  23. 年中行事絵巻(集成): 日本絵巻物集成12,13,14、『年中行事絵巻』、雄山閣、1931
  24. 源氏物語絵巻: 小松茂美 日本の絵巻1、『源氏物語絵巻・寝覚物語絵巻』、中央公論社、1987
  25. 病草紙: 小松茂美 日本の絵巻7、『餓鬼草紙 地獄草紙 病草紙 九相詩絵巻』、中央公論社、1987
  26. 年中行事絵巻: 小松茂美 日本の絵巻8、『年中行事絵巻』、中央公論社、1987
  27. 枕草子絵詞: 小松茂美 日本の絵巻10 、『葉月物語絵巻 枕草子絵詞 隆房卿艶詞絵巻』、中央公論社、1988
  28. 西行物語絵巻: 小松茂美 日本の絵巻19、『西行物語絵巻』、中央公論社、1988
  29. 法然上人絵伝: 小松茂美 続日本の絵巻1、『法然上人絵伝』、中央公論社、1990
  30. 慕帰絵詞: 小松茂美 続日本の絵巻9 、『慕帰絵詞』、中央公論社、1990
  31. 春日権現験記絵: 小松茂美 続日本の絵巻13、『春日権現験記絵』、中央公論社、1990
  32. 松崎天神縁起: 小松茂美 続日本の絵巻22 、『松崎天神縁起』、中央公論社、1992
  33. 京都市埋蔵文化財研究所、「寝殿造成立前夜の貴族邸宅−右京の邸宅遺跡から







建築史概論
  • 平井聖 『図説日本住宅の歴史』 京都学芸出版社、1980 
  • 堀口捨己 『建築史』 オーム社 1970
  • 関野 克 『文化財と建築史』 鹿島研究所出版会、1969
  • 「インテリア」編集委員会編、『インテリアと生活文化の歴史』、産調出版、1993
  • 小泉和子 『道具が語る生活史』、朝日選書、1989
  • 佐藤 理、『門のはなし』 (物語ものの建築史)、鹿島出版会、1995
  • 田辺泰、『日本建築の性格』、相模書房、1932


寝殿造・建築史専門書
  • 川上 貢 『日本建築史論考』 中央公論美術出版 1998
  • 村田健一 「古代建築技術の変遷と終演」 『古代社会の崩壊』 東京大学出版会シリーズ都市・建築・歴史第2巻 2005
  • 川本重雄 「法住寺殿の研究」 『建築史論叢』-稲垣栄三先生還暦記念論集、中央公論美術出版、1988
  • 西山良平 「平安京の住まいの論点」 『平安京の住まい』 京都大学学術出版会 2007
  • 西山良平 「平安京の小屋と小宅」 『平安京の住まい』 京都大学学術出版会 2007
  • 阿部秋生「紫式部日記の一条院」 『平安京の邸第』 望稜叢書 1987
  • 藤田盟児 「鎌倉武士住宅の空間構成」 『建築史の空間』 中央公論美術出版 1999

論文
絵巻
  • 日本の絵巻10 『枕草子絵巻』 中央公論社 1987
  • 日本の絵巻20 『一遍上人絵伝』 中央公論社 1988
  • 澁沢敬三 『絵巻物による日本常民生活絵引』 平凡社、1984
  • 黒田 日出男 『絵画史料で歴史を読む』、ちくま学芸文庫、2007
屋根
  • 平井聖 『屋根の歴史』 東洋経済新報社、1973
  • 原田多加司 『桧皮葺と柿葺』 学芸出版社,1999
  • 原田多加司 『古建築修復に生きる』 吉川弘文館 (歴史文化ライブラリー)  ,2005
  • 西 和夫  『図解 古建築入門-日本建築はどう造られているか』、 彰国社、1990
  • 伊藤 ていじ 『屋根』、淡交社、2004
寺院建築
  • 工藤圭章、『古寺建築入門』 、岩波書店、1984
  • 奈良文化財研究所、『奈良の寺 ― 世界遺産を歩く』、岩波新書、2003
  • 西岡常一、『宮大工棟梁・西岡常一 「口伝」の重み 』、日本経済新聞社、2005
  • 西岡常一、『木に学べ―法隆寺・薬師寺の美』、小学館文庫、2003
  • 西岡常一・宮上茂隆 『法隆寺-日本人はどのように建造物をつくってきたか 』(新装版)草思社、2010
  • 西岡常一、『法隆寺を支えた木』 (NHKブックス 318)、NHK出版 、1978
  • 西岡常一、『宮大工棟梁・西岡常一 「口伝」の重み』、日本経済新聞社、2005
  • 小川三夫、『宮大工と歩く奈良の古寺』、文春新書、2010
  • 上原 和、『法隆寺を歩く』、岩波新書、2009
  • 松浦昭次、『宮大工と歩く千年の古寺』、祥伝社、2002
  • 武澤秀一、『法隆寺の謎を解く』、ちくま新書、2006
  • 鈴木嘉吉、『元興寺・元興寺極楽坊・般若寺・十輪院』 (大和の古寺 3)、岩波書店、1981
その他
  • 鈴木敬三、『有職故実大辞典』、吉川弘文館、1995
  • 倉田 実 『平安大事典-図解でわかる「源氏物語」の世界』 朝日新聞出版 2015
  • 五島邦治監修 『源氏物語 六条院の生活』 宗教文化研究所 風俗博物館 1999
  • 安原盛彦 『源氏物語空間読解』 鹿島出版会 2000
  • 鳥居本幸代 『千年の都平安京のくらし』、春秋社、2014
  • 内田祥哉 『日本の伝統建築の構法―柔軟性と寿命』 市ケ谷出版社、2009
  • 伝統のディテール研究会 『伝統のディテール―日本建築の詳細と技術の変遷』 彰国社、改訂版1975
  • 桜井清 『室町時代の一皇族の生涯 −「看聞日記」の世界』 講談社学術文庫  2002
  • 村田正志著作集 第4巻 『証註椿葉記』、思文閣出版、1984